朝食のバイキングと急いで食べた夕食

朝食はホテルのバイキング。パンやご飯を取らずに設定しましたが、血糖値は予想外に上がりました。調味料やドレッシングに使われていた砂糖、野菜炒めのあんかけ、ヨーグルトのソースなど、少しずつの積み上げで糖質量が多くなっていたかもしれません。昼はブラック無糖の缶コーヒーのみなので、ほとんど変化せず。

もっと上がったのは、夕食のサバ塩焼き定食。ご飯少なめで注文したので、写真で見るより実際はもう少し少ない印象でしたが、電車の時刻が迫っていたので、急いでいました。「早食いは血糖値を上げる」というのは、こうしてみると実体験として分かります。

 


関連記事

  1. サラダチキン

  2. 糖質コントロール・シトラスレアチーズ

  3. ブランパン

  4. 「糖尿病予防には「白米」より「チャーハン」!その理由は?

  5. カロリーと血糖値

  6. 筋肉食堂