太った人の方が血糖値が上がりやすい?

一般的に糖尿病は太っている方がなりやすいと思われているかもしれません。特定保健指導がメタボ健診と呼ばれていることもあって、食生活が乱れている人が食後高血糖になっているイメージが強いと思われます。ただ、実際の測定結果を見ると必ずしもそうだと言えないケースがあります。以下の図は当社サイトでも紹介しているグラフですが、このグラフとそれぞれのプログラム参加者のBMI(ボディマス指数)を示すと以下の図ようになります。BMIでは25以上であれば過体重を示します。

このグラフで注目していただきたいのは赤枠で囲んだEさんの結果です。Eさんは食後血糖値が高いのですが、BMIで見るとこの表では下から2番目です。BMIがあと0.5ポイント下がって18.5になれば「痩せぎみ」の領域に入ります。そうです、実際にEさんは見た目からもとてもスリムで、メタボとは全く無縁に見える方です。プログラム参加中に送っていただいた食事画像を見ても、食事量はいたって普通です。

当社ではさまざまな事例を見ていますが、食後高血糖はもちろん食事内容に大きく影響されますが、それと同時に体質によっても大きく変わります。同じような食事をしていてもあまり上がらない方もいれば、Eさんのようにかなり高い値が出るケースもあります。

食後高血糖を防ぐことが重要である、ということが書かれた雑誌やネット記事は多いですが、どうしても誰でも当てはまりそうな一般的な書き方になります。ぜひご自身の体質はどうなっているのか実際に測定してみてください。今後の食生活にとても役立つはずです。

関連記事

  1. 料理動画には肉料理が有効

    バズる料理動画にたんぱく質が多い理由

  2. 血糖値の上昇度には個人差がある

    血糖値の上昇度合いにはかなり個人差がある

  3. 血糖値の安定化のためにたんぱく質が重要

    ベジタリアンより糖質制限の方が人気がある理由