積極的に摂った方が良い油はありますか。

積極的に摂った方が良い油はありますか。

はい、積極的に摂取した方が良い油としては、以下のものが挙げられます。

  1. オリーブオイル:オメガ-9脂肪酸を含むモノ不飽和脂肪酸が豊富で、心臓病や糖尿病などのリスクを減らす効果があります。
  2. アボカドオイル:モノ不飽和脂肪酸やビタミンEが豊富で、血糖値やコレステロールを改善する効果があります。
  3. ココナッツオイル:中鎖脂肪酸を含むので、エネルギーに転換されやすく、ダイエット効果が期待できます。
  4. ナッツオイル:アーモンドオイル、マカデミアナッツオイルなど、オメガ-3脂肪酸やモノ不飽和脂肪酸が豊富で、心臓病や認知症のリスクを減らす効果があります。

    ただし、これらの油は摂取量に注意が必要です。過剰な摂取はカロリーオーバーになり、肥満や生活習慣病のリスクが高まることがあります。適量を守って摂取するようにしましょう。ChatGPTより。

なるほど。MTCがないですね。

MTCオイルはいかがですか。

MCTオイルは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)を主成分としたオイルで、ココナッツオイルから抽出されます。中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸よりも消化吸収が速く、燃焼されるエネルギーに転換されやすい性質を持っています。そのため、ダイエットやエネルギー補給に役立つとされています。

MCTオイルの摂取には以下のような利点があります。

  1. エネルギー補給:中鎖脂肪酸は、燃焼されるエネルギーに転換されやすく、運動前のエネルギー補給に役立ちます。
  2. ダイエット効果:中鎖脂肪酸は、脂肪細胞に蓄積されにくく、脂肪の蓄積を抑制する効果があります。
  3. 脳機能改善:中鎖脂肪酸は、脳のエネルギー源として利用され、集中力や記憶力の向上に役立ちます。

    ただし、MCTオイルを摂取する場合は、適切な摂取量を守る必要があります。過剰な摂取は消化不良や下痢、脂肪の過剰摂取による肥満や生活習慣病のリスクがあるためです。適切な摂取量は個人差がありますが、一般的には1日あたり15-30g程度が目安とされています。また、MCTオイルを摂取する前に、医師や栄養士と相談することをお勧めします。

油の研究も個人的には大切なテーマです。私の基本的な立場としては、糖質は控え目、たんぱく質と良質な脂質をしっかり取る、というものですが、血糖値を上げない(=糖質を取らない)でカロリーを稼ぐには油の選択がとても重要です。一番先にオリーブオイルが出てきますが、色々と調べるとやはりエキストラ・バージンのものが良いようです。商品によって香りや味にも違いがありますが、そのままパンやサラダにかけることができるのもメリットです。

MTCオイルはバターコーヒーが流行った時に注目を集めました。中鎖脂肪酸が認知症の予防に役立つのではないかと言われているようで、ここは期待したいところです。

それとバターがもっと手頃な価格で手に入るようならないかと思います。生乳を廃棄するのであればバター生産に回せないかと。コストの面などいろいろな課題があるのかもしれませんが。2014年にTIME誌が『Eat Butter』という表紙を付けて油の復権というかローファット(低脂肪)が決して健康に直結するわけではないことを記事にして、2015年に厚労省が食事からのコレステロールの目標量を撤廃しました。

引き続きオイルの追求をしていきたいと思います。

株式会社みこまサービス 代表取締役 小松陽平
AIを使った未来の健康診断はこちら。
高たんぱく&低糖質な社食弁当はこちら。

関連記事

  1. 情熱と執念の源泉

  2. 過去から未来へ

  3. メモ帳を使ったコピペの極意

  4. ダイエットグルメ祭りまであと49日

  5. 人はモチモチに弱い

  6. ダイエットグルメ祭りまであと73日