動物性脂肪の大切さ

イヌイットと一緒に暮らしたルポだと、赤身肉ばかりを食べていると体調不良となり、脂肪を一緒に食べると体調が回復したという記述があるようです。

赤身の肉ばかり食べると体調不良になって、脂肪も一緒に食べると体調が回復するのはなぜですか。

赤身の肉にはたんぱく質が豊富に含まれていますが、脂肪が少ないため、身体に必要なエネルギー源が不足する場合があります。一方、脂肪には身体が必要とするエネルギー源である脂肪酸が含まれています。また、脂肪はビタミンDや脂溶性ビタミンなどの栄養素の吸収を促進する役割も持っています。

赤身の肉ばかりを食べ続けると、エネルギー不足や栄養素不足による体調不良が生じる可能性があります。一方、脂肪を適度に摂取することで、身体に必要なエネルギーや栄養素を摂取でき、体調が回復することがあります。

ただし、脂肪を過剰に摂取すると、肥満や高脂血症、心臓病などのリスクが高まることになります。適度な量の脂肪を摂取することが大切です。ChatGPT。

この回答が正しいとすると重要なのは、エネルギーの確保もありますが他の栄養素を吸収する働きがあるという部分かもしれません。人間にとっては少なくとも自然界でそれだけ食べていれば健康を維持できるような完全栄養食はないので、色々な食材をうまく組み合わせて栄養を取っていく必要があるとすれば、この働きは大切になりそうです。

動物性脂肪はどんな役に立ちますか。

動物性脂肪には、以下のような役割があります。

  1. エネルギー源:脂肪には、たんぱく質や炭水化物に比べて、1グラムあたりより多くのエネルギーを供給する脂肪酸が含まれています。体内のエネルギー不足を補うために、脂肪をエネルギー源として利用することができます。
  2. 栄養素の吸収促進:脂肪は脂溶性ビタミン(A、D、E、K)を含む栄養素の吸収を促進する役割があります。
  3. 細胞機能の維持:脂肪は細胞膜の構成成分として必要なリン脂質を供給し、細胞機能の維持に貢献します。
  4. 脂肪酸の合成:身体に必要な不飽和脂肪酸の一部は、動物性脂肪から合成されます。

    ただし、脂肪を過剰に摂取すると、肥満や高脂血症、心臓病などのリスクが高まることになります。適度な量の脂肪を摂取することが大切です。

いつも最後に一言過剰摂取を控えるよう、栄養士のようなアドバイスが入りますが、エネルギー確保と栄養素の吸収促進に加えて、身体にとって必要となる脂肪酸の合成も大切な要素のようです。

動物性脂肪と植物性脂肪の違いは何ですか。

動物性脂肪と植物性脂肪の違いは以下の通りです。

  1. 脂肪酸の種類:動物性脂肪は、飽和脂肪酸や一部の不飽和脂肪酸が含まれていますが、植物性脂肪には主に不飽和脂肪酸が含まれています。不飽和脂肪酸は、健康に良い影響を与えるとされています。
  2. オメガ脂肪酸の含有量:植物性脂肪には、オメガ-3やオメガ-6脂肪酸が多く含まれていますが、動物性脂肪には比較的少なく含まれています。オメガ脂肪酸は、心血管疾患や炎症性疾患の予防に役立つとされています。
  3. コレステロールの含有量:動物性脂肪には、コレステロールが多く含まれていますが、植物性脂肪にはほとんど含まれていません。
  4. 代謝産物の違い:動物性脂肪を消化代謝すると、脂肪酸やコレステロールなどの代謝産物が生成されますが、植物性脂肪を消化代謝すると、代謝産物の種類が異なります。

    総じて、動物性脂肪は飽和脂肪酸やコレステロールが多く含まれ、植物性脂肪は不飽和脂肪酸が多く含まれています。健康のためには、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

たいぶ専門的な話になってきたので、結局バランスが大切というところになるでしょうか。

ちなみに自分で測ってみると分かりますが、脂肪が多い肉をたくさん食べても糖質を取っていなければ血糖値は上がっていかないので、エネルギーを確保しつつ血糖値を上げないという点では脂質は優れていると思います。

株式会社みこまサービス 代表取締役 小松陽平
動物性たんぱく&脂質がしっかり取れる社食サービスはこち
AIを使った未来の健康診断はこちら
血糖測定をしながら食事改善ができるプログラムはこちら

関連記事

  1. 縄文人とドングリとコオロギ

  2. 春キャベツをめぐって

  3. ダイエットグルメ祭りまであと80日

  4. ウーロン茶と黒ウーロン茶、ダイエットに適しているのは?

  5. ラサとヤクと乳糖不耐症

  6. 味噌とみそきん