高たんぱくへのニーズと手荒れ冷え性の改善(個人の感想)

健康産業新聞(2023年5月17日第1764号)によると、ドラックスストアでの健康食品販売額が約9%増加しているとのことです。「プロテインでは、前年の3倍になったという企業もあった。管理栄養士の推奨が奏功しているという企業もみられる」(同記事より)。”管理栄養士監修”はmatsukiyo LABのことでしょうか。コスパが良い商品だと思います。

ドラックストアでプロテインの売上が伸びているようです。どのような理由が考えられますか。

プロテインの売上がドラックストアで伸びている理由はいくつか考えられます。

  1. 健康志向の高まり: 近年、健康意識が高まっており、人々はより健康的な生活を求めています。プロテインは筋肉の修復や成長をサポートし、スポーツやフィットネスのパフォーマンス向上に役立つため、健康志向の人々に人気があります。
  2. スポーツやフィットネスブーム: スポーツやフィットネスの人気が高まっていることも、プロテインの売上増につながっています。プロテインは筋肉の回復や成長に重要な栄養素であり、スポーツやフィットネス愛好家が積極的に利用しています。
  3. ダイエットや体重管理への関心: プロテインは食事の代替やサプリメントとしても利用されており、ダイエットや体重管理に関心がある人々にとって魅力的な選択肢となっています。プロテインは満腹感を与える効果があり、カロリー摂取をコントロールするためにも利用されています。
  4. 医療用途の拡大: プロテインは医療の分野でも利用されており、病後のリハビリや筋力の低下予防などに役立つとされています。医療機関や専門家の勧めにより、プロテインが一般の消費者にも広まっている可能性があります。
  5. プロテイン製品の多様化: プロテインの需要に応えるため、市場では様々な種類のプロテイン製品が登場しています。ウェイトプロテイン、ホエイプロテイン、ビーガンプロテインなど、個々の好みやニーズに合わせた選択肢が増えたことで、より多くの人々がプロテインを利用している可能性があります。

    これらの理由により、ドラックストアでのプロテインの売上が伸びていると考えられます。ただし、個々の市場や地域によって状況は異なるため、詳細な市場調査やデータ分析が必要です。ChatGPT。

商品改良で飲みやすい商品が多くなっていることも理由にあるかもしれません。東京都のホームぺージでは高齢者もフレイル予防としてたんぱく質をしっかり取るように案内が出ています。

ということでたんぱく質へのニーズは引き続き高いのですが、一方で、一回の食事で摂取できる量には限度があるようです。

1回の食事で摂取できるたんぱく質の量には限界がありますか。

はい、1回の食事で摂取できるタンパク質の量には限界があります。

通常、一食におけるタンパク質の消化・吸収速度は比較的一定です。消化器官でのタンパク質の分解と吸収には時間がかかるため、一度に摂取するタンパク質の量には制限があります。この限界は個人によって異なる場合がありますが、一般的には一食で20〜30グラムのタンパク質が最大限に吸収されると言われています。

このため、タンパク質の摂取量を増やす場合、複数の食事やタンパク質補助食品を摂取する必要があります。例えば、一日のタンパク質摂取量を増やすために、朝食、昼食、夕食にタンパク質をバランスよく摂取することが重要です。

ただし、運動後の回復や筋肥大を目的とする場合、タンパク質の摂取を食事だけでなく、トレーニング前後にプロテインサプリメントなどの形で補完することも一般的です。これにより、必要なタンパク質量を確保し、筋肉の修復と成長を最適化することができます。

個々の健康状態や目標によっても適切なタンパク質摂取量は異なるため、栄養士や医師と相談することをおすすめします。

たんぱく質30gは、さけ一切れ(大き目100g)+納豆(1パック)+卵(1個)くらいで到達できそうでしょうか。昼や夜はともかく、朝は人によると思いますが意識しないとなかなか20gまではいかないかもしれません。

たんぱく質量を意識した食生活をしていくと、私の場合ですが、手や足のくるぶしからふくらはぎにかけての部分の荒れ方、つま先の冷え方がかなり変わるように感じます。もちろん、季節や気温によっても影響はあると思いますが。

それで、いつも糖質とたんぱく質量は常に気にしながら生活しているわけです。糖質量をコントロールとしてどうやって血糖値をどう安定化させるか、どうやってコスパよくたんぱく質や良質な脂質を摂ることができるか。

株式会社みこまサービス 代表取締役 小松陽平
高たんぱくを追求した福利厚生用の社食はこちら。
AIを使った「未来の健康診断」はこちら。

関連記事

  1. ifia JAPAN 2023、トウモロコシの二面性と謎

  2. ダイエット、ビール、ハイボール

  3. ダイエットグルメ祭りまであと64日

  4. ダイエットグルメ祭りまであと76日

  5. ウーロン茶と黒ウーロン茶、ダイエットに適しているのは?

  6. メモ帳を使ったコピペの極意