Japanese Man In Coffee Shop

イングランド出身の歌手であるStingが歌う”Englishman In New York”という楽曲を知っていますか。名曲ですよね。

はい、私はSting(スティング)の「Englishman In New York」を知っています。この曲は1987年にリリースされ、Stingのアルバム「…Nothing Like the Sun」に収録されています。

「Englishman In New York」は、ニューヨークに住むイギリス人の経験やアイデンティティを描いた曲で、特にスティングのソロキャリアで人気のある曲です。曲の中で彼は、イギリスの紳士的な態度や倫理観をニューヨークの独特な文化やライフスタイルに適応しながら生きることを歌っています。

「Englishman In New York」は、スティングの独特なボーカルと、レゲエの要素を取り入れたリズムが特徴的です。歌詞も印象的で、”I’m an alien, I’m a legal alien, I’m an Englishman in New York”(私は異邦人、合法の異邦人、ニューヨークのイギリス人だ)というフレーズがよく知られています。

この曲は、スティングの代表作の一つとして知られており、広く愛されています。ChatGPT。

“I’m an alien, I’m a legal alien, I’m an Englishman in New York”も印象的なフレーズですね。アメリカで暮らすイギリス人の屈折した感情が反映されていると思います。曲の最初の歌詞は”I don’t take coffee, I take tea, my dear”。珈琲ではなく紅茶を飲むことにイギリス紳士としてのアイデンティティが投影されているような気がします。ところで、日本では逆に珈琲の方が紅茶より良く飲まれていると思います。カフェに行くと最初にあるメニューがコーヒーであることがほぼ100%です。日本において珈琲の方が紅茶より普及したのはなぜだと思いますか。

日本において、珈琲の方が紅茶よりも普及している理由はいくつか考えられます。

  1. 文化的な要素: 日本では、西洋の文化や習慣が多く取り入れられており、珈琲はその一部として広く受け入れられました。特に戦後のアメリカ文化の影響が強く、珈琲は洋風の飲み物としてポピュラーになりました。
  2. コンビニエンスストアの普及: 日本ではコンビニエンスストアが非常に発展し、24時間営業や手軽な飲み物の提供など、忙しいライフスタイルに合ったサービスが提供されています。珈琲は短時間で手軽に飲める飲み物として、コンビニエンスストアで広く提供されています。
  3. カフェ文化の発展: 日本ではカフェ文化が盛んであり、カフェでのゆったりとした時間を楽しむ文化が根付いています。カフェは珈琲を中心に提供され、多様なスタイルやフレーバーの珈琲が楽しめるため、珈琲の普及に一層の拍車をかけました。
  4. マーケティングと宣伝: 珈琲メーカーやカフェチェーンなどが積極的なマーケティングや広告活動を行い、珈琲の魅力を広めたことも普及に寄与しました。特にインスタントコーヒーや缶コーヒーの普及には、広告や商品開発の努力が大きく関わっています。

    以上の要素が相まって、日本での珈琲の普及が進んだと考えられます。ただし、最近では紅茶やハーブティー、カフェラテなども人気があり、紅茶文化も徐々に広がっています。個人の好みや需要の多様化に応じて、珈琲と紅茶は両方とも日本で楽しまれています。

そうですね。私もインスタントコーヒーの威力はかなりあると思っています。紅茶はティーパックが残るのに対して、粉を溶かすだけで良いので手間がかからない。礼儀作法が不要な飲み物とも言えます。

株式会社みこまサービス 代表取締役社長 小松陽平
生活習慣病のリスクを数値で表す「未来の健康診断」はこちら。
高たんぱくで美味しいお弁当はこちら。

関連記事

  1. セダルバーグ山脈

  2. ChatGPTが使えるようになって

  3. ダイエットグルメ祭りまであと77日

  4. 情熱と執念の源泉

  5. ダイエットグルメ祭りまであと78日

  6. 人類の歯形、理想的な食事の謎とボーンブロス