ダイエットグルメ祭りまであと58日

LPの更新。各種のやりとり。

フランシス・ホジソン・バーネットの「秘密の花園」は、失われた愛と自己発見の美しい物語です。主人公のメアリー・レノックスは、両親を病気で亡くした後、イギリスから遠く離れたインドから、厳格な伯父アーチボルド・クレイヴンの屋敷へ送られます。屋敷は広大で、多くの部屋があり、長い間封鎖された秘密の花園があります。

当初、メアリーはわがままで不愉快な性格でしたが、花園の秘密を解き明かす過程で変化していきます。彼女はダーコンという若い庭師の助けを借りて、長い間放置されていた花園を復活させます。その過程で、メアリーは自らも内面的な成長を遂げていきます。

また、メアリーは屋敷でコリンという病弱な少年と出会います。コリンは伯父の息子であり、外界との接触を避けて育てられていました。メアリーとダーコンの助けを借りて、コリンもまた外の世界と交流するようになり、健康を取り戻していきます。

「秘密の花園」は、自然の癒しの力と、友情、家族の絆をテーマにしており、多くの読者に愛され続けているクラシックな作品です。

これは、ChatGPT4が瞬時に出した「秘密の花園」のあらすじで、出来の良さに驚いたことです。ChatGPT4に対して、英語で思考したものを日本語に翻訳しているのかと聞くと、多言語モデルとして訓練されているため、直接日本語で思考できるんです、という回答でした。

自然言語でコンピューターと会話できる時代が急に来たわけです。手塚治虫の『火の鳥(未来編)』未来編では、人間とロボットが愛し合うというテーマを扱ってします。『ブレードランナー 2049』では、Kの恋人でもあるジョイがAIになっていますが、ああいうヒューマノイド型の実体を持ったAIは案外早く登場するかもしれません。この段階では人は相手がAIだと認識していますが、手塚治虫はさらに先の世界をすでに描いてしまっていた。

話を戻しますが、『The Secret Garden』は良い作品だと思いますし、DVDやペーパーバックで使われている表紙の画像は、作品の雰囲気を伝える神秘的なイングリッシュ・ガーデンが背景にあって本当に素晴らしいと思います。

関連記事

  1. メンタルを好調に保つための食事

  2. ダイエットグルメ祭りまであと78日

  3. 元気で長寿な高齢者の食生活

  4. ダイエットグルメ祭りまであと65日

  5. アメリカ料理の源流

  6. 精製穀物と食後血糖値とAI