てんぷらそばと食後血糖値

てんぷらそばとチャーハンに共通するのは、油を使った料理という点です。食後高血糖を抑えるという話を読むと、そばを食べるならてんぷらそば、ご飯であればチャーハンが良いという話があります。油が血糖値の上昇を抑える働きがあるロジックです。

てんぷらそばやチャーハンは、かけそばや白米と比べて食後血糖値の上昇幅が小さいと言われているようですが、それはなぜですか。

てんぷらそばやチャーハンがかけそばや白米と比較して食後の血糖値の上昇幅が小さい理由は、以下の要因が関与しています。

  1. 低GIの食材の組み合わせ: てんぷらそばやチャーハンには一般的に、主食とタンパク質や脂質を含む食材が組み合わせられます。タンパク質と脂質は消化吸収が遅く、血糖値の急上昇を抑える効果があります。このような組み合わせによって、食後の血糖値の上昇が緩やかになることがあります。
  2. 食物繊維の摂取: てんぷらそばやチャーハンには野菜や豆類などの食物繊維が含まれることがあります。食物繊維は消化吸収が遅くなり、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。
  3. 調理方法: てんぷらそばやチャーハンは一般的に揚げ物や炒め物といった高温調理法が用いられます。これにより、食材の中のでんぷんの構造が変化し、消化吸収が遅くなる場合があります。

    ただし、個々の要因や具体的なレシピによって異なる結果が得られることもあります。また、これらの料理が健康的であるかどうかは、使用される材料や調理方法、摂取量などによって異なります。バランスのとれた食事を心掛けることが重要です。食事の効果や血糖値への影響については、個別の状況や健康状態によっても異なるため、医師や栄養士に相談することをお勧めします。

油の効果だけではないということですね。たんぱく質や食物繊維、調理方法も影響しているようですね。

はい、そうです。食後の血糖値の上昇に影響を与える要因は、単純な油の効果だけではありません。食品の組み合わせや調理方法、栄養素のバランスなどが重要な役割を果たします。

タンパク質は消化吸収が遅く、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。食事にタンパク質を含めることで、炭水化物の消化吸収が遅くなり、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

食物繊維も同様に、消化吸収が遅くなるため、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。野菜や果物、穀物などに含まれる食物繊維は、健康な食事の一部として摂取することが推奨されています。

調理方法も血糖値への影響に関与します。例えば、高温で揚げることによってでんぷんの構造が変化し、消化吸収が遅くなる場合があります。また、炒め物やグリルなどの調理方法も、食材の消化吸収を緩やかにする効果があります。

以上の要素が組み合わさることで、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果が得られる場合があります。ただし、具体的な効果は個々の食材や料理方法、個人の体質や健康状態によって異なるため、一般論としてではなく、個別の状況に応じたアプローチが必要です。

ということでこの見解では油だけが影響してるわけではないようですね。ただ、タンパク質と脂質、食物繊維が食後血糖値の上昇に影響しているというのは確かだと思います。それで先週取引先とのミーティングの後にそば屋にいったのですが、てんぷらそばを注文しました。

株式会社みこまさービス 代表取締役 小松陽平
高たんぱく&低カロリーの社食お弁当はこちら。
AIを使った「未来の健康診断」はこちら。

関連記事

  1. 直観の誕生

  2. 鳥皮の手軽で美味しい食べ方

  3. ダイエットグルメ祭りまであと79日

  4. 縄文人とドングリとコオロギ

  5. ダイエットグルメ祭りまであと45日

  6. 積極的に摂った方が良い油はありますか。