法人でヘルスケアを進める鍵

ヘルスケアを進めるために鍵となるのは何か。私は「数値化」だと考えています。
何かの形で計測して数値化する、「体調が良くなる」という感覚的な表現ではなく、数値化して客観的に分かるようにすることがポイントです。

ダイエットを支援するサービスはたくさんありますが、体重は測定しやすく分かりやすい。

法人で健康増進の取組をするのであれば、その取り組みが数値化できるものなのかという視点があると良いと思います。

一方、代表的な数値化である健康診断の項目は、詳細ですが専門的です。ABCといった評価があると。良いか悪いか良くも悪くもないか、ということが少しわかるくらいかもしれません。
そこでその細かく専門的な計測結果を分かりやすく分析して、現在の値から将来予想できる生活習慣病のリスクを0~100の数値で表すといかがでしょうか。より現在の自分の状況が把握できるようになると思います。

生活習慣病のリスクを数値化するのはこちら。

株式会社みこまサービス 代表取締役 小松陽平

関連記事

  1. アメリカ料理の源流

  2. チューインガムとイノベーション

  3. ダイエットグルメ祭りまであと74日

  4. ダイエットグルメ祭りまであと80日

  5. ダイエットグルメ祭りまであと64日

  6. 高たんぱくへのニーズと手荒れ冷え性の改善(個人の感想)