ダイエットグルメ祭りまであと70日

完全栄養食で生活しているという男性がネットの番組で紹介されていました。完全栄養食というのは理論的には存在していると思いますが、自然界ではないと思います。人類は誕生以来、これだけ食べいれば健康で生きていける、という天然の食材を発見していませんし、これからもたぶんそういったものは見つけられないと思います。

仮にある食材が人にとって完全栄養になり得た場合、おそらくそれだけを大量に確保もしくは生産することをしていくと思います。これはとても効率が良いですが、反面もし何らかの理由でこの食材の調達ができなくなった場合は、すぐに生命の危機になる可能性があります。

雑食というのは危機管理という面では優れていると言えます。

ただ、穀物が本当の意味で主食なのか、というのはちょっと考えて良い命題だと思います。主食というからにはそれ自体で人体が必要とする栄養の大部分を確保できてよさそうですが、米や小麦は栄養面で見るとそこまで優れている訳ではなく、特に大切なたんぱく質は十分な量を確保できないのがという事実があります。さらに、現代では精製によって栄養価を落として摂取しています。

ダイエットグルメ祭りは、糖質とたんぱく質のバランスをあらためて考えるきっかけになればと思います。

関連記事

  1. 旬の食材とChatGPT活用術

  2. ダイエットグルメ祭りまであと45日

  3. ダイエットグルメ祭りまであと57日

  4. ダイエットグルメ祭りまであと79日

  5. 文明の利器と仕事量の関係

  6. ダイエットグルメ祭りまであと38日